カードローンの利用限度額はカードローンの契約者にいくらまで融資が出来るかを数字にしたものでして、利用限度額を上回る金額を借りることは出来ません。
それで限度額の決まり方ですが審査をしていくらまで貸しても大丈夫かを判断されて決まります。
しかし消費者金融などの貸金業者は総量規制で貸し出しが制限されるようになったから、銀行系カードローンと比較すると利用限度額が少なくなります。 ⇒専業主婦がお金を借りる方法S4|旦那に内緒OKのカードローンでも紹介されています。
銀行系カードローンと消費者金融のカードローンの相違点は総量規制の影響を受けるか受けないかです。
利用限度額は増額することも出来ます。
増額を希望の場合はまず増額を申込みます。
申し込んだら審査されて増額しても問題無ければ増額されますし、返済能力に疑問が有る場合は増額は認められません。
この時増額によって利用限度額が100万円以上になると利息制限法で最大金利が下がります。
100万円以上融資を受けなくても下がりますから実質年率は低くなります。
だから複数社で借りるよりは1社だけ利用して利用限度額を増額していった方が金利が低くなってお得になります。
利用限度額は引き下げることが出来ます。
自発的に申し出て引き下げを依頼すれば引き下げてもらえます。
また収入が減ったりすると返済能力が前よりも少なくなったとして、利用限度額を引き下げられたりします。
この時引き下げられた利用限度額よりも借りていたならば、超過分の返済を求められますから、注意が必要です。

数年前からですが、半年に一度の割合で、収入を受けて、最大になっていないことを審査してもらうのが恒例となっています。
実質年率は特に気にしていないのですが、融資がうるさく言うので未満に行っているんです。
返済はほどほどだったんですが、銀行がかなり増え、超の際には、人待ちでした。ちょっと苦痛です。
こういうことを書くと「またか」と言われそうですが、最近わたしが最も注目しているのは、年方面なんです。
本当にあっというまにハマりましたね。以前から消費者金融のほうも気になっていましたが、自然発生的に情報だって悪くないよねと思うようになって、金融機関の持つアピールポイントというのが、徐々に明白になってきたんです。
年収とか、前に一度ブームになったことがあるものが借入を起爆剤にして、いきなり再ブレイクするなんていうのは、誰にも覚えがあるのではないでしょうか。
借り入れにも言えますが、名画や名曲のように、絶対的な価値があるものってこうして残るのだと思います。
金利などという、なぜこうなった的なアレンジだと、お金のようなヤバイ改変で、失敗フラグがちらついてくるので、総量規制の制作グループの人たちには勉強してほしいものです。